【 日本標準商品分類 5 情報通信機器 】


日本標準商品分類 5 情報通信機器

ご注意:記事引用先のアドレスは、記事引用元のデータ変更によりアクセス不能の場合があります、予めご了承ください。
日本標準商品分類 5 情報通信機器 の「 分類項目 参照リスト 」

5 情報通信機器(4)

 52 電子計算機及び関連装置(4)

  521 デジタル型(8)
  522 アナログ型
  523 ハイブリット型
  529 その他の電子計算機及び関連装置

 53 プログラム(2)

  531システム・プログラム(2)
  532 アプリケーション・プログラム(2)

 54 通信装置及び関連装置(6)

  541 有線通信装置(8)
  542 無線通信装置(5)
  543 無線応用装置(6)
  544 放送用装置(民生用を除く。)(7)
  545 音声及び映像周波装置(民生用及び放送用を除く。)(8)
  549 その他の通信装置及び関連装置

 55 電子部品(9)

  551 電子管(9)
  552 半導体素子(9)
  553 集積回路(能動成分を含む。)(9)
  554 受動部品(9)
  555 接続部品(電子機構部品)(9)
  556 変換部品(9)
  557 メモリー部品(2)
  558 電子部品の部分品及び材料(8)
  559 その他の電子部品(2)

日本標準商品分類 5 情報通信機器 の「 分類項目 参考図書・文献・引用記事 」

日本標準商品分類 5 情報通信機器 の「 分類項目 PSIリスト PSIポイント 」

(御注意:)分類、項目名称、出典、記事引用元、等は『日本十進分類表(NDC)区分表』、『日本標準産業分類』、『日本標準職業分類』、『日本標準商品分類』、『ウィキペディア(Wikipedia)』、『 NDC Navi 』、『グーグルサジェスト』、『Google 画像検索』、その他等を参考にしています。 自分の興味のある項目を選択し記憶してください。ただし、その信ぴょう性については各自の責任において判断してください。当方としては責任は負いかねます。
また、将来、「PSIリストとPSIポイント」の表示画面をコピーし「 PSIライン式記憶法 」(java製)で表示することが可能になる予定です。
ご注意:更新前のためアドレス、等情報が変更になっている場合があります。ご了承ください。
【 日本標準商品分類 】
日本標準商品分類-TOP
日本標準商品分類(2桁)
日本標準商品分類(3桁)
日本標準商品分類(4桁)
日本標準商品分類(5桁)
日本標準商品分類(6桁)
日本標準商品分類(全て)
注意:上記の内(4桁、5桁、6桁、全て)はコピー不可

【 日本標準商品分類(2桁) 】
1 粗原料及びエネルギー源(9)
2 加工基礎材及び中間製品(17)
3 生産用設備機器及びエネルギー機器19
4 輸送用機器(6)
5 情報通信機器(4)
6 その他の機器(13)
7 食料品、飲料及び製造たばこ(8)
8 生活・文化用品(19)
9 スクラップ及びウェイスト(1)
00 分類不能の商品

【 5 情報通信機器(4)】
5 情報通信機器(3桁)
5 情報通信機器(4桁)
5 情報通信機器(5桁)
5 情報通信機器(6桁)
5 情報通信機器(全て)



【 PSIライン式記憶法 】

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線
[ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。



【 PSIリスト集 】





PSIとは [ Point_Space_Information ] を意味します。PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。
「 PSIライン式記憶法 」 とは 「 PSIライン 」上の点「 PSIポイント 」の上に「 できごと 」を記憶していきます。 「 PSIリスト 」 とは 専用のソフト「 PSIライン式記憶法(java)」で表示するためのリストです。
【 TKソフト | お問い合わせ | 著作権/商標/免責事項プライバシーポリシー| 記載の記事・イラストなど、すべてのコンテンツの無断作成使用・改造・複写・転載・販売・公衆送信等を禁じます。 】