【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) (カテゴリー研究)】


L 分類不能の職業 (日本標準職業分類)(カテゴリー研究)

このテーマ、カテゴリ の各項目(世界を探る一つの小っちゃい覗き窓=PSIポイント)及びそれぞれの項目に関連する、熟語、文、等、を検索し、また、この項目に連なる、自身の行動、できごと、を通じてさらに別のことがらを理解するとともに、ことがら相互のつながった関係( PSIライン )を深く、広くし、世界を幅広く理解しよう。
また、ひらめいた疑問をそのつどすぐに検索し、同様に自身の頭の中の「PSIポイント」上に関連付けて記憶します。あとは、忘れても構いません。脳内で自然に情報が醸成されます。必要な時は頭の中の「PSIライン」上で探してください。
さらに、資料を調べたり、調査したり、自身が行動したりするとき、その時々にこれに関連する自身の頭の中の「PSIポイント」の位置を想起し、その周辺に過去に記憶した情報を想起しながら記憶すると、より記憶が鮮明に記憶されます。
そして、このようにして記憶された、行動、科学、社会、自然、歴史、宇宙、の知識のつながった「PSIライン」全体を自身の頭の中でいろいろ加工し、離合、離合集散、縮小、拡大、比較、鳥瞰、し「世界」をより良く知るようにしよう。
この結果、外部から入ってきた「情報」を総合的に理解しやすくなったり、連想やとっぴな発想、が起きやすくなります。
実生活で、物事をみる「虫めがね」、あるいは「発想の原点」、等々としてお使いください。

ご注意:記事引用先のアドレスは、記事引用元のデータ変更によりアクセス不能の場合があります、予めご了承ください。
【 下記の検索サイトを別ウインドウで開き、項目、カテゴリー、疑問点、等を検索してみて下さい 】

「NDC Navi」で検索「Google Japan 検索」で検索「Google 画像」で検索
「Google 地図」で検索「Wikipedia (ja)」で検索「Wiktionary (ja)」で検索
「Weblio 辞書」で検索「weblio 英和和英辞典」で検索「Yahoo! Japan」で検索
「Yahoo!知恵袋」で検索「Yahoo! 画像」で検索「Yahoo! 動画」で検索
「Yahoo! 地図」で検索「コトバンク」で検索「広辞苑無料検索」で検索
「三省堂 Web Dictionary検索」で検索「goo」で検索「goo国語辞書」で検索
「英辞郎 on the WEB Pro」で検索「楽天ウエブ検索」で検索「楽天Infoseek検索」で検索
「Jisho Dictionary」で検索「ピクシブ百科事典」で検索「Google 翻訳 (日⇔英)」で検索
「ユーチューブ」で検索「Excite」で検索「livedoor」で検索「Fresh eye」で検索
「Biglobe」で検索「Nifty」で検索「Bing」で検索「MSN」で検索
「All About」で検索「各種検索サイト」で検索

分類項目、参照リスト、カテゴリー、の他、興味のある項目を検索し研究してみて下さい。
また、下記の例のように項目から興味のある言葉、疑問、等を想起し検索して下さい。( この部分が重要 = PSIポイント )
興味、疑問の連想の連鎖 = 知れば知るほど知りたいことが何倍にも増える( この部分が重要 )
「ことば」と「他のことば」の連鎖 = 「知識」と「他の知識」との連鎖( この部分が非常に重要 = PSIライン )
PSIの世界観(書きかけ中)  : 20年以上前に作成した「PSIライン式記憶法」ソフト(VC++ 6.0 言語)
  002 知識.学問.学術     002.7 研究法.調査法
例)研究法 ---> 知識の研究法、学問の研究法、等
  010 図書館.図書館学     010.7 研究法.指導法.図書館学教育.職員の養成
例)研究法 ---> 図書館の研究法、図書館学教育の研究法、等

【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) 関連 のカテゴリー、項目、項目の組み合わせ、検索ワード参考例 】

L 分類不能の職業の使用人口,L 分類不能の職業の沿革

L 分類不能の職業の歴史,L 分類不能の職業の年表

L 分類不能の職業の普及地域,L 分類不能の職業名の由来

L 分類不能の職業の変遷,L 分類不能の職業の関連

L 分類不能の職業の関連行事,L 分類不能の職業の関連大会

L 分類不能の職業の関連祭,L 分類不能の職業の伝統行事

L 分類不能の職業の関連文学,L 分類不能の職業の関連小説

L 分類不能の職業の関連人物,L 分類不能の職業の関連作家

L 分類不能の職業の関連芸術,L 分類不能の職業の関連文化

L 分類不能の職業の関連芸能,L 分類不能の職業の関連音楽

L 分類不能の職業の関連美術,L 分類不能の職業の関連彫刻

日本標準職業分類の使用人口,日本標準職業分類の沿革

日本標準職業分類の歴史,日本標準職業分類の年表

日本標準職業分類の普及地域,日本標準職業分類名の由来

日本標準職業分類の変遷,日本標準職業分類の関連

日本標準職業分類の関連行事,日本標準職業分類の関連大会

日本標準職業分類の関連祭,日本標準職業分類の伝統行事

日本標準職業分類の関連文学,日本標準職業分類の関連小説

日本標準職業分類の関連人物,日本標準職業分類の関連作家

日本標準職業分類の関連芸術,日本標準職業分類の関連文化

日本標準職業分類の関連芸能,日本標準職業分類の関連音楽

日本標準職業分類の関連美術,日本標準職業分類の関連彫刻

【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) の、特徴 特長 知りたいポイント、を考える 】
(ご希望の方:ここに、紹介ページのアドレス、等を掲載させていただきます)
紹介ページサイト集:


編集中 【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) 関連の検索項目情報 】 書き込み中


L 分類不能の職業の使用人口,L 分類不能の職業の沿革,L 分類不能の職業の歴史,L 分類不能の職業の年表,L 分類不能の職業の普及地域,L 分類不能の職業名の由来 ,L 分類不能の職業の変遷,L 分類不能の職業の関連行事,L 分類不能の職業の関連大会,L 分類不能の職業の関連イベント ,L 分類不能の職業の考古資料,L 分類不能の職業の文化,L 分類不能の職業の関連祭,L 分類不能の職業の伝統行事,L 分類不能の職業の関連文学 ,L 分類不能の職業の関連小説,L 分類不能の職業の関連人物,L 分類不能の職業の関連作家,L 分類不能の職業の関連芸術,L 分類不能の職業の関連文化 ,L 分類不能の職業の関連芸能,L 分類不能の職業の関連音楽,L 分類不能の職業の関連美術,L 分類不能の職業の関連彫刻 日本標準職業分類の使用人口,日本標準職業分類の沿革,日本標準職業分類の歴史,日本標準職業分類の年表,日本標準職業分類の普及地域,日本標準職業分類名の由来 ,日本標準職業分類の変遷,日本標準職業分類の関連行事,日本標準職業分類の関連大会,日本標準職業分類の関連イベント ,日本標準職業分類の考古資料,日本標準職業分類の文化,日本標準職業分類の関連祭,日本標準職業分類の伝統行事,日本標準職業分類の関連文学 ,日本標準職業分類の関連小説,日本標準職業分類の関連人物,日本標準職業分類の関連作家,日本標準職業分類の関連芸術,日本標準職業分類の関連文化 ,日本標準職業分類の関連芸能,日本標準職業分類の関連音楽,日本標準職業分類の関連美術,日本標準職業分類の関連彫刻

編集中 【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) 関連のカテゴリー 】 書き込み中


編集中 【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) 関連の PSIポイント と PSIリスト 】 書き込み中



【 L 分類不能の職業 】


 L 分類不能の職業

【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) の「 分類項目 参照リスト 」 】

L 分類不能の職業(1)

 99 分類不能の職業(1)

  999 分類不能の職業

【 L 分類不能の職業 (日本標準職業分類) 分類項目 PSIリスト PSIポイント 」 】

990 L 分類不能の職業(1)
990 99 分類不能の職業(1)
999 999 分類不能の職業



【 日本標準職業分類 基本資料 】

日本標準職業分類−1桁
日本標準職業分類−2桁
日本標準職業分類−全て

A 管理的職業従事者       (全て)
B 専門的・技術的職業従事者   (全て)
C 事務従事者          (全て)
D 販売従事者          (全て)
E サービス職業従事者      (全て)
F 保安職業従事者        (全て)
G 農林漁業従事者        (全て)
H 生産工程従事者        (全て)
I 輸送・ 機械運転従事者     (全て)
J 建設 ・ 採掘従事者       (全て)
K 運搬・ 清掃・包装等従事者   (全て)
L 分類不能の職業         (全て)

(名称、出典、記事引用元、等は『日本十進分類表(NDC)区分表』、『日本標準産業分類』、『日本標準職業分類』、『日本標準商品分類』、『ウィキペディア(Wikipedia)』、『 NDC Navi 』、『グーグルサジェスト』、『Google 画像検索』、その他等を参考にしています。 自分の興味のある項目を選択し記憶してください。ただし、その信ぴょう性については各自の責任において判断してください。当方としては責任は負いかねます。
また、将来、「PSIリストとPSIポイント」の表示画面をコピーし「 PSIライン式記憶法 」(java製)で表示することが可能になる予定です。
ご注意:記事引用先のアドレスは、記事引用元のデータ変更によりアクセス不能の場合があります、予めご了承ください。

【 PSIライン式記憶法 】

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線
[ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。


【 日本標準職業分類 】
日本標準職業分類 (1桁)日本標準職業分類 (2桁)日本標準職業分類 (全て)
【 日本標準職業分類 】
A 管理的職業従事者(4)
B 専門的・技術的職業従事者(20)
C 事務従事者(7)
D 販売従事者(3)
E サービス職業従事者(8)
F 保安職業従事者(3)
G 農林漁業従事者(3)
H 生産工程従事者(11)
I 輸送・機械運転従事者(5)
J 建設・採掘従事者(5)
K 運搬・清掃・包装等従事者(4)
L 分類不能の職業(1)



【 日本十進分類法 個別分類 】

0 総記 】 【 1 哲学 】 【 2 歴史
3 社会科学 】 【 4 自然科学
5 技術 】 【 6 産業
7 芸術 】 【 8 言語 】 【 9 文学





【 天文学.宇宙科学 関連 】



【 地球科学.地学 関連 】




【 PSIライン式記憶法 】

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線
[ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。



【 PSIリスト集 】



【 PSIの世界観 】



PSIとは [ Point_Space_Information ] を意味します。「PSIライン式記憶法」 とは この画面のTOP画面の様な、独特な折れ線 [ PSIライン ] を使用します。
「 PSIライン式記憶法 」 とは頭の中で 「 PSIライン 」上の点「 PSIポイント 」の上に「 できごと 」を記憶します。頭の中でいろいろ加工し、離合、離合集散、縮小、拡大、等できます。
「 PSIリスト 」 とは 専用のソフト「 PSIライン式記憶法 」で表示するためのリストです。
【 TKソフト | お問い合わせ | 著作権/商標/免責事項プライバシーポリシー| 記載の記事・イラストなど、すべてのコンテンツの無断作成使用・改造・複写・転載・販売・公衆送信等を禁じます。 】
Copyright © 2020 TKソフト All Rights Reserved.