( 世の中の見方が変わる )
【 PSIの世界 】



【 目次 】
【 ホーム 】
「PSIの世界」の活用法
「歴史」
【 宇宙・銀河・地質時代 】
【 世界の政治・文化の歴史 】
● アフリカ史
 ・ 古代エジプト史  ・ エジプト史
● ヨーロッパ史.西洋史
 ・ 古代ギリシア史  ・ 古代ローマ史  ・ 西ローマ帝国史  ・ 東ローマ帝国史
● アジア史.東洋史
 ・ 中国の歴史  ・ 朝鮮の歴史  ・ 大韓民国の歴史  ・ 北朝鮮人民共和国の歴史  ・ 台湾の歴史
● 北アメリカ史
● 南アメリカ史
● オセアニア史.両極地方史

【 日本の政治・文化の歴史 】

【 ウィキメディア『小学校社会/6学年/歴史編/年表』による 】
簡単な日本通史
紀元前1世紀
5世紀後半から 6世紀前半
飛鳥時代
奈良時代
平安時代
鎌倉時代
室町時代
安土桃山時代
江戸時代
明治時代
大正・戦前昭和
戦後昭和・平成

【 都道府県市町村史 】
● 北海道地方
● 東北地方
● 関東地方
● 北陸地方
● 中部地方
● 近畿地方
 ・ 奈良県の歴史
● 中国地方
● 四国地方
● 九州地方



【 連絡事項 】
 ● 現在「PsiLine_v_22.7_pre(Java)」はWindows10では起動すると思いますが、Windows11では現在、起動できないようです。(理由は不明)
 ● 「Launch4j」 を使用するとexeファイルに変換可能との情報有。
 ● 「PsiLine_v_22.7_pre(Java)」を機能アップし改訂する予定です。


【 参考資料 】


【 PSIの世界 】とは?

● このテーマ、カテゴリ の各項目(世界を探る一つの小っちゃい覗き窓=PSIポイント)及びそれぞれの項目に関連する、熟語、文、等、を検索し、また、この項目に連なる、自身の行動、できごと、を通じてさらに別のことがらを理解するとともに、ことがら相互のつながった関係( PSIライン )を深く、広くし、世界を幅広く理解しよう。
● また、ひらめいた疑問をそのつどすぐに検索し、同様に自身の頭の中の「PSIポイント」上に関連付けて記憶します。あとは、忘れても構いません。脳内で自然に情報が醸成されます。必要な時は頭の中の「PSIライン」上で探してください。
● さらに、資料を調べたり、調査したり、自身が行動したりするとき、その時々にこれに関連する自身の頭の中の「PSIポイント」の位置を想起し、その周辺に過去に記憶した情報を想起しながら記憶すると、より記憶が鮮明に記憶されます。
● そして、このようにして記憶された、行動、科学、社会、自然、歴史、宇宙、の知識のつながった「PSIライン」全体を自身の頭の中でいろいろ加工し、離合、離合集散、縮小、拡大、比較、鳥瞰、し「世界」をより良く知るようにしよう。
● この結果、外部から入ってきた「情報」を総合的に理解しやすくなったり、連想やとっぴな発想、が起きやすくなります。
● 実生活で、物事をみる「虫めがね」、あるいは「発想の原点」、等々としてお使いください。



【 参考資料 】


● 頭あるいは心の中に「PSIライン」を描く方法
● 頭あるいは心の中に描いた「PSIライン」の上に「できごと」を記憶していく方法
● PSIライン集を自分の頭の中に持つことの意味
● PSIラインによる立体的記憶(左右上下。時間、感覚)のすすめ
● 「俯瞰的視点」について
● 未来 <---> 過去 の視点の移動
● 極大 <---> 極小 の視点の移動
● 極大 , 極小 から視点
● 歴史の走馬灯
● 歴史をズームアウト、ズームインする
● 地図や風景や歴史的資料の上にラインを重ねて楽しむ
● 「時代」の進化を比べ楽しむ
● 他の分野の歴史、各国の歴史を重ね合わせて楽しむ
● 社寺仏閣を訪れたとき、ドラマを見ながらラインを重ねて楽しむ
● 生活の各場面で「PSIライン」を折々想起しながら行動する。
● 記憶の原点としての使い方
● 発想の原点としての使い方
● 頭あるいは心の中に知識の詰まった「PSIライン」を準備した心の落ち着きについて
● 知識を見える化する
● ものを考える、熟考するということ
● 未来から現在を見てみる
● 「PSIライン式記憶法」のはじまり
● 「PSIの世界」とは


【 参考資料 】


【 PSIラインの構成の説明 】
・ このラインは単位「年」で構成されています。
 (現在、構成単位は 「年」「万年」「億年」の3つ。将来「単位なし」を追加予定)
・ 縦線の左は紀元前です
・ 縦線は紀元です
・ 縦線の右は紀元後です
・ 1辺は100年です
・ 1サイクル1000年です
・ 縦線は紀元年「0」です。
・ 最初の立ち上がりの辺は「0」の年代です。
 例えば、....、-1000年~紀元、-100年~紀元、-10年~紀元、-1年~紀元、紀元、紀元~1年、紀元~10年、紀元~100年、、紀元~1000年、....
・ 次の横上辺は「1」の年代です。例えば、1~2年、1~20年、1~200年、、1~2000年、....
・ 次の立ち下がりの辺は「2」の年代です
・ 次の横下辺は「3」の年代です
・ 次の立ち上がりの辺は「4」の年代です
・ 次の横上辺は「5」の年代です
・ 次の立ち下がりの辺は「6」の年代です
・ 次の横下辺は「7」の年代です
・ 次の立ち上がりの辺は「8」の年代です
・ 次の横上辺は「9」の年代です

・ 「世界を探る一つの小っちゃい覗き窓=PSIポイント」とは?
・ 【 PSIライン式記憶法 】とは?
・ 「PSIライン」とは?
・ 「PSIポイント」とは?
・ 出来事、内容を記憶するとは?
・ 「PSIライン」を浮かべながら物事に対処す」とは?

・ 年単位は、一辺1年~一辺1000億年ばかりではありません。
・ 年単位を、1日12時間、24時間の単位、月の単位、秒の単位に変えても同じことが言えます。
・ 10進法を、12進法、24進法、60進法、あるいは任意の、n進法に変えても同じことが言えます。
・ 年単位を、つぎの物理量の単位に変えても同じことが言えます。

・ 物理量 次元 量記号 SI単位 関連する量

  長さ L l,x m 位置r(ベクトル)
  質量 M m,μ kg 密度ρ、慣性モーメントI
  時間 T t,T s
  電流 I I,i A
  熱力学温度 Θ T K
  物質量 N n mol
  光度 J I, Iv cd
  速さ LT-1 v,u m/s 速度v(ベクトル)
  加速度 LT-2 a m/s-2
  力 LMT-2 f,F N 運動量p,力積,トルクN
  エネルギー L2MT-2 E,U J 仕事
  仕事率 L2MT-3 P W 電力
  密度 L-3M ρ kg/m-3
  圧力 L-1MT-2 P Pa
  電荷 TI q C
  電圧 L2MT-3I-1 V V 電位差
  等、考えられます。



【 PSIラインの利用を深める 】
● 頭あるいは心の中に「PSIライン」を描く方法
● 頭あるいは心の中に描いた「PSIライン」の上に「できごと」を記憶していく方法
● PSIライン集を自分の頭の中に持つことの意味
● PSIラインによる立体的記憶(左右上下。時間、感覚)のすすめ
● 「俯瞰的視点」について
● 未来 <---> 過去 の視点の移動
● 極大 <---> 極小 の視点の移動
● 極大 , 極小 から視点
● 歴史の走馬灯
● 歴史をズームアウト、ズームインする
● 地図や風景や歴史的資料の上にラインを重ねて楽しむ
● 「時代」の進化を比べ楽しむ
● 他の分野の歴史、各国の歴史を重ね合わせて楽しむ
● 社寺仏閣を訪れたとき、ドラマを見ながらラインを重ねて楽しむ
● 生活の各場面で「PSIライン」を折々想起しながら行動する。
● 記憶の原点としての使い方
● 発想の原点としての使い方
● 頭あるいは心の中に知識の詰まった「PSIライン」を準備した心の落ち着きについて
● 知識を見える化する
● ものを考える、熟考するということ
● 未来から現在を見てみる
● ベルグソンの「笑い」の「PSIライン式記憶法」による解釈
● 「認知機能検査」で100点取る「PSIライン式記憶法」活用法
● 「PSIライン式記憶法」のはじまり
● 「PSIの世界」とは




【 『 PSIライン式記憶法 22.7_pre 』 による読み込み 】
【 PSIリストの読み込み 】
 
『 PSIライン式記憶法 22.7_pre 』 にり、、 このテーマ、カテゴリ の各項目(世界を探る一つの小っちゃい覗き窓=PSIポイント)及びそれぞれの項目に関連する、熟語、文、等、を検索し、また、この項目に連なる、自身の行動、できごと、を通じてさらに別のことがらを理解するとともに、ことがら相互のつながった関係( PSIライン )を深く、広くし、世界を幅広く理解しよう。
この【 PSIライン式記憶法 】で自身で表示記憶した出来事、内容を記憶し
頭の中で自由に想起し任意のところで広がりをもって思い浮かべることです
さらに、実生活の中で常に情報の詰まった「PSIライン」を浮かべながら物事に対処すればより適切に行動できると思います。



【 『 PSIライン式記憶法 22.7_pre 』 により表示 】
【 PSIラインの表示 】
 
『 PSIライン式記憶法 22.7_pre 』 にり、、 このテーマ、カテゴリ の各項目(世界を探る一つの小っちゃい覗き窓=PSIポイント)及びそれぞれの項目に関連する、熟語、文、等、を検索し、また、この項目に連なる、自身の行動、できごと、を通じてさらに別のことがらを理解するとともに、ことがら相互のつながった関係( PSIライン )を深く、広くし、世界を幅広く理解しよう。
この【 PSIライン式記憶法 】で自身で表示記憶した出来事、内容を記憶し
頭の中で自由に想起し任意のところで広がりをもって思い浮かべることです
さらに、実生活の中で常に情報の詰まった「PSIライン」を浮かべながら物事に対処すればより適切に行動できると思います。

【 参考資料 】

【 ウィキメディア『小学校社会/6学年/歴史編/年表』による時代年表 】 ( 一辺 100年 )
【 さらに、「紀元前の、古代エジプト史」と比較してみる 】 ( 一辺 100年 )
【 さらに、「紀元前の、古代エジプト史」と比較してみる 】 ( 一辺 1000年 )
【 さらに、「新生代」と比較してみる 】 ( 一辺 1000万年 )
【 さらに、「古生代」と比較してみる 】 ( 一辺 1億年 )
【 さらに、「ビッグバン・地球の誕生からの地質時代区分」と比較してみる 】 ( 一辺 100億年 )

【 参考資料 】



PSIとは [ Point_Space_Information ] を意味します。PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。
「 PSIライン式記憶法 」 とは 「 PSIライン 」上の点「 PSIポイント 」の上に「 できごと 」を記憶していきます。
「 PSIリスト 」 とは 専用のソフト「 PSIライン式記憶法(java)」で表示するためのリストです。