取説トップ
「警備員・現場 派遣表」の参照モード

『 警備員・現場派遣表 』 の [ 派遣表 ] のモードのひとつで、各現場や警備員の情報がポップアップメニューで参照できたり、新しい現場名や警備員名を登録したり、表示・非表示にしたりします。
また、配置モードと同様に、タイトル名、「派遣表」の使用事務所、日付け、曜日と勤務、時計を表示したりします。

(ご注意) 「 Staffpost_50_xx 」 のページ群、全てについて解説しています。「 Staffpost_50_xx 」 それぞれのタイプで許可されている機能は制限されています。それぞれのタイプで許可されている機能のみを参照してください。

 [ 「警備員・現場 派遣表」の参照モード ] について

図 a


< 目的 >

1. この「派遣表」に表示されている現場および警備員から、あるいは画面のスクロールしたりし、ポップアップメニューを開いたりしその現場あるいは警備員の個別の情報を参照しながら、現場に警備員を配置(派遣)する作業を容易に行えるようにすることです。
1. そして現在、広く使用されているホワイトボードの情報と対応させながら、情報の記録、参照、できるようにし、さらに効率よく、正確に、きめ細かく、派遣作業ができるようになること、が目的です。

< 操作機能群 と ポップアップメニュー >

  ■ 現場欄を選択時のカーソル表示
  ■ 警備員欄を選択時のカーソル表示
  ■ ポップアップメニュー ( 現場名の左1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 現場名の中央1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 現場名の右1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 現場名欄の右端の(派遣要請人数)部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 警備員名の左1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 警備員名の中央1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ ポップアップメニュー ( 警備員名右1/3の部分を左クリックしたとき )
  ■ 任意の空欄の現場欄から新しい現場名を登録する
  ■ 任意の空欄の現場欄に非表示中の現場名を表示する
  ■ 任意の空欄の警備員欄から新しい警備員名を登録する
  ■ 任意の空欄の警備員欄に非表示中の警備員名を表示する
  ■ 表示中の現場名を非表示にする
  ■ 表示中の警備員名を非表示にする
  ■ 表示中の警備員名の、連絡済あるいは未連絡済、の切替をする
  ■ 表示中の警備員名の、報告済あるいは未報告済、の切替をする
  ■ 参照モードから配置モードへの切り替え
  ■ 「工事現場数」「全派遣要請人数」「全派遣人数」「全連絡済人数」「全報告済人数」「全稼動警備員数」「出入り禁止人数」「全派遣警備員数」「待機要員数」の表示
  ■ 現場名の色分け表示
  ■ 警備員名の色分け表示
  ■ 警備員名の現場名の無い現場・警備員枠への配置の取り扱い
  ■ 画面のスクロール
  ■ スクロールしない「待機要員」段枠
  ■ タイトル名の変更
  ■ 「派遣表」の使用事務所の表示
  ■ 日付け、曜日と勤務の表示
  ■ 時計を表示

  ■ メニュー 「派遣表」
  ■ メニュー 「各現場情報」
  ■ メニュー 「各警備員情報」
  ■ メニュー 「各元請会社情報」
  ■ メニュー 「全現場の統計・分析」
  ■ メニュー 「全警備員の統計・分析」
  ■ メニュー 「全元請会社の統計・分析」
  ■ メニュー 「派遣表情報」
  ■ メニュー 「「 警備員・現場派遣 支援ソフト 」について」
  ■ メニュー 「TOPページへ」


図 1


現場欄を選択時のカーソル表示

< 目的 >

図 1に示すように、「派遣表」の多くの現場欄からその現場欄を選択した、と確認できるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その現場に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 1)。

< 効果 >

1. その現場名で3種類のポップアップメニューを開くことができます。

TOPへ


図 2


警備員欄を選択時のカーソル表示

< 目的 >

図 2に示すように、「派遣表」の多くの警備員欄からその警備員欄を選択した、と確認できるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 2)。

< 効果 >

1. その警備員名で3種類のポップアップメニューを開くことができます。

TOPへ


図 3


図 3


ポップアップメニュー ( 現場名の左1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業をしているとき、その現場に関する情報を詳しく知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。
1. また、その位置から、その現場の「現場情報」の各ページを開くことができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その現場に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 3)。
1. つぎに、その現場名の左1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 3a)。

< 効果 >

1. 「現場名」が任意の位置にあっても、その場でその現場名でポップアップメニューを開き下に示すような項目を参照できます。
1. さらに、下に示すような、その現場の「現場情報」の各ページを開くことができます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 現場名、登録年月日、登録後経過日数、を表示
  ● 要請人数、配置人数、を表示
  ● 連絡済人数を表示
  ● 前回のデータ(派遣の警備員数、派遣の警備員名)
  ● 前々回のデータ(派遣の警備員数、派遣の警備員名)
  ● 常時伝達事項
  ● 今日のメモ1
  ● 今日のメモ2
  ● 今日のメモ3

  ■ 「全登録現場一覧」と「情報表示現場の設定」
  ■ 目次
  ■ この現場の「派遣表の基本情報」を表示する
  ■ この現場の「今日のメモ」「常時伝達事項」を表示・編集する
  ■ この現場の各日付までの「派遣警備員リスト」を表示する
  ■ この現場の各日付までの派遣警備員別「月別派遣日数」「総派遣日数」を表示する
  ■ この現場の「登録者名簿」提出済警備員を表示・編集する
  ■ この現場の「今日のメモ」履歴を表示する
  ■ この現場の「派遣警備員」履歴を表示する
  ■ この現場の「派遣要請数、派遣数、欠員数」履歴を表示する
  ■ この現場の「出入り禁止、解除警備員」を表示・編集及び履歴のリストを表示する
  ■ この現場の「工事状況、コメント」履歴のリストを表示・編集する
  ■ この現場の「所管支店名、現場コード、現場整理コード」を表示、変更する
  ■ この現場の「1〜20の特記事項」を表示・編集する
  ■ この現場の「1〜20のイメージ」を表示・編集する
  ■ この現場の「ランク分類」を表示・編集する
  ■ 現場の「1〜20の特記事項」のタイトルを表示・編集する
  ■ 現場の「1〜20のイメージ」のタイトルを表示・編集する
  ■ 現場の「ランク分類項目」、「ランク分類の内容」を表示・編集する
  ■ この現場の各日付での「勤務時間」「労賃」、等を表示する
  ■ この現場の各日付までの「勤務時間」「労賃」、等の履歴を表示する
  ■ この現場の各日付までの月別「勤務時間」「労賃」、等を表示する
  ■ この現場の各日付での「売上」「粗利率」、等を表示する
  ■ この現場の各日付までの「売上」「粗利率」、等の履歴を表示する
  ■ この現場の各日付までの月別「売上」「粗利率」、等を表示する

  ● この現場名を「非表示」にする

TOPへ


図 4


図 4a


ポップアップメニュー ( 現場名の中央1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その現場に関する「1〜20の特記事項」を知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その現場に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 4)。
1. つぎに、その現場名の中央1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 4a)。

< 効果 >

1. 「現場名」が任意の位置にあっても、その場でその現場でポップアップメニューを開き「特記事項」を知り、派遣作業の参考にすることができます。
1. さらに、その現場の「特記事項」を編集するページを開くことができます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 現場名を表示
  ● 特記事項1の内容を表示
  ● 特記事項2の内容を表示
  ● 特記事項3の内容を表示
  ● 特記事項4の内容を表示
  ● 特記事項5の内容を表示
  ● 特記事項6の内容を表示
  ● 特記事項7の内容を表示
  ● 特記事項8の内容を表示
  ● 特記事項9の内容を表示
  ● 特記事項10の内容を表示
  ● 特記事項11の内容を表示
  ● 特記事項12の内容を表示
  ● 特記事項13の内容を表示
  ● 特記事項14の内容を表示
  ● 特記事項15の内容を表示
  ● 特記事項16の内容を表示
  ● 特記事項17の内容を表示
  ● 特記事項18の内容を表示
  ● 特記事項19の内容を表示
  ● 特記事項20の内容を表示
  ● 上記の「1〜20特記事項」を編集する

TOPへ


図 5


図 5a


図 5b


図 5c


図 5d


ポップアップメニュー ( 現場名の右1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、前もって登録しておき、その現場に関する「1〜20のイメージ」を見りたいとき、簡単に見ることができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その現場に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 5)。
1. つぎに、その現場名の右1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 5a)。

< 効果 >

1. 「現場名」が任意の位置にあっても、その位置で、その現場のポップアップメニューを開きます。
1. つぎに、その「イメージ」をクリックすると登録されている「イメージ」を表示させ、前もって登録しておいた「イメージ」、カメラから取得した全景写真(図 5b)、インターネットから取得したヤフー地図(図 5c)、カメラ付き携帯電話から取得したメモ写真(図 5d)、...等を見て、派遣作業の参考にすることができます。
1. また、その現場の『上記の「1〜20イメージ」を編集する』のページを開きそれぞれのイメージを登録・削除、等編集することができます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 現場名を表示
  ● イメージ1の内容を表示
  ● イメージ2の内容を表示
  ● イメージ3の内容を表示
  ● イメージ4の内容を表示
  ● イメージ5の内容を表示
  ● イメージ6の内容を表示
  ● イメージ7の内容を表示
  ● イメージ8の内容を表示
  ● イメージ9の内容を表示
  ● イメージ10の内容を表示
  ● イメージ11の内容を表示
  ● イメージ12の内容を表示
  ● イメージ13の内容を表示
  ● イメージ14の内容を表示
  ● イメージ15の内容を表示
  ● イメージ16の内容を表示
  ● イメージ17の内容を表示
  ● イメージ18の内容を表示
  ● イメージ19の内容を表示
  ● イメージ20の内容を表示
  ● 上記の「1〜20イメージ」を編集する

TOPへ


図 6


図 6a


図 6b


図 6c


ポップアップメニュー ( 現場名欄の右端の(派遣要請人数)部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その現場に関する「派遣要請人数」を変更したいとき、簡単に変更することができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場の派遣要請人数の上に移動するとその下にアンダーラインが表示され、その派遣要請人数に対し操作ができることを表しています(図 6)。
1. つぎに、それを左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 6a)。
1. そして、その内容をクリックするとその内容にしたがって、その現場の派遣要請人数が変化します。

< 効果 >

1. 「現場名」が任意の位置にあっても、その位置でその現場の派遣要請人数を変更することができるので、作業が早く容易にできます。

< ポップアップメニューの内容 >

  ● 数を0にする
  ● 数を1にする
  ● 数を2にする
  ● 数を3にする
  ● 数を4にする
  ● 数を5にする
  ● 数を6にする
  ● 数を7にする
  ● 数を8にする
  ● 数を9にする
  ● 数を10にする
  ● 数を+1にする
  ● 数を+2にする
  ● 数を+3にする
  ● 数を+4にする
  ● 数を+5にする
  ● 数を+10にする

TOPへ


図 7


図 7a


ポップアップメニュー ( 警備員名の左1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その警備員に関する情報を詳しく知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。
1. また、その位置から、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができるようにすることです。
1. さらに、その位置から、その警備員の、連絡済かどうかの切替可能、報告済かどうかの切替可能、を可能にすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 7)。
1. つぎに、その警備員名の左1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 7a)。

< 効果 >

1. 「警備員名」が任意の位置にあっても、その場でその警備員名でポップアップメニューを開き下に示すような項目を参照できます。
1. さらに、下に示すような、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができます。
1. また、『連絡済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7b)のページが表示され、その警備員の連絡済、非連絡済、の切り替えが容易にできます。
1. また、『報告済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7c)のページが表示され、その警備員の報告済、非報告済、の切り替えが容易にできます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 警備員名、登録年月日、登録後経過日数、を表示
  ● 連絡済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)
  ● 報告済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)
  ● 出入り禁止状態かどうか?、新規入場現場かどうか?、登録者名簿提出済みかどうか?、休暇予定日かどうか?、を表示
  ● 前回のデータ(派遣年月日、派遣現場名)
  ● 前々回のデータ(派遣年月日、派遣現場名)
  ● 常時伝達事項
  ● 今日のメモ1
  ● 今日のメモ2
  ● 今日のメモ3

  ■ 「全登録警備員一覧」と「情報表示警備員の設定」をする
  ■ 目次
  ■ この警備員の派遣表の基本情報を表示する
  ■ この警備員の「今日のメモ」「常時伝達事項」を表示・編集する
  ■ この警備員の各日付までの「派遣先現場リスト」を表示する
  ■ この警備員の各日付までの「登録者名簿」提出先現場を表示する
  ■ この警備員の各日付までの「出入り禁止現場リスト」を表示する
  ■ この警備員の各日付までの派遣先現場別「月別派遣日数」「総派遣日数」を表示する
  ■ この警備員の「今日のメモ」履歴を表示する
  ■ この警備員の「派遣日、勤務、派遣先現場」履歴を表示する
  ■ この警備員の「休暇予定」履歴のリストを表示・編集する
  ■ この警備員の「現役状況、コメント」履歴を表示・編集する
  ■ この警備員の「所管支店名、警備員コード、警備員整理コード」を表示、変更する
  ■ この警備員の「1〜20の特記事項」を表示・編集する
  ■ この警備員の「1〜20のイメージ」を表示・編集する
  ■ この警備員の「ランク分類」を表示・編集する
  ■ 警備員の「1〜20の特記事項」のタイトルを表示・編集する
  ■ 警備員の「1〜20のイメージ」のタイトルを表示・編集する
  ■ 警備員の「ランク分類項目」、「ランク分類の内容」を表示・編集する
  ■ この警備員の各日付での「勤務時間」「労賃」、等を表示する
  ■ この警備員の各日付までの「勤務時間」「労賃」、等の履歴を表示する
  ■ この警備員の各日付までの月別「勤務時間」「労賃」、等を表示する
  ■ この警備員の各日付での「売上」「粗利率」、等を表示する
  ■ この警備員の各日付までの「売上」「粗利率」、等の履歴を表示する
  ■ この警備員の各日付までの月別「売上」「粗利率」、等を表示する

  ● この警備員名を「非表示」にする

TOPへ


図 8


図 8a


ポップアップメニュー ( 警備員名の中央1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その警備員に関する「1〜20の特記事項」を知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 8)。
1. つぎに、その警備員名の中央1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 8a)。

< 効果 >

1. 「警備員名」が任意の位置にあっても、その場でその警備員でポップアップメニューを開き「特記事項」を知り、派遣作業の参考にすることができます。
1. さらに、その警備員の「特記事項」を編集するページを開くことができます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 警備員名を表示
  ● 特記事項1の内容を表示
  ● 特記事項2の内容を表示
  ● 特記事項3の内容を表示
  ● 特記事項4の内容を表示
  ● 特記事項5の内容を表示
  ● 特記事項6の内容を表示
  ● 特記事項7の内容を表示
  ● 特記事項8の内容を表示
  ● 特記事項9の内容を表示
  ● 特記事項10の内容を表示
  ● 特記事項11の内容を表示
  ● 特記事項12の内容を表示
  ● 特記事項13の内容を表示
  ● 特記事項14の内容を表示
  ● 特記事項15の内容を表示
  ● 特記事項16の内容を表示
  ● 特記事項17の内容を表示
  ● 特記事項18の内容を表示
  ● 特記事項19の内容を表示
  ● 特記事項20の内容を表示
  ● 上記の「1〜20特記事項」を編集する

TOPへ


図 9


図 9a


図 9b


ポップアップメニュー ( 警備員名右1/3の部分を左クリックしたとき )

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、前もって登録しておき、その警備員に関する「1〜20のイメージ」を見りたいとき、簡単に見ることができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 9)。
1. つぎに、その警備員名の右1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 9a)。

< 効果 >

1. 「警備員名」が任意の位置にあっても、その位置で、その警備員のポップアップメニューを開きます。
1. つぎに、その「イメージ」をクリックすると登録されている「イメージ」を表示させ、前もって登録しておいた「イメージ」、カメラやカメラ付き携帯電話から取得した顔写真(図 9b)、その他...等を見て、派遣作業の参考にすることができます。
1. また、その警備員の『上記の「1〜20イメージ」を編集する』のページを開きそれぞれのイメージを登録・削除、等編集することができます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● 警備員名を表示
  ● イメージ1の内容を表示
  ● イメージ2の内容を表示
  ● イメージ3の内容を表示
  ● イメージ4の内容を表示
  ● イメージ5の内容を表示
  ● イメージ6の内容を表示
  ● イメージ7の内容を表示
  ● イメージ8の内容を表示
  ● イメージ9の内容を表示
  ● イメージ10の内容を表示
  ● イメージ11の内容を表示
  ● イメージ12の内容を表示
  ● イメージ13の内容を表示
  ● イメージ14の内容を表示
  ● イメージ15の内容を表示
  ● イメージ16の内容を表示
  ● イメージ17の内容を表示
  ● イメージ18の内容を表示
  ● イメージ19の内容を表示
  ● イメージ20の内容を表示
  ● 上記の「1〜20イメージ」を編集する

TOPへ


図 10


図 10a


図 10b


図 10c


図 10e


任意の空欄の現場欄から新しい現場名を登録する

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、任意の空欄の現場欄に新しい現場名を登録したり、現在非表示の現場をその空欄の現場欄に表示する、ことが簡単にできるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを任意の空欄の現場欄の上に移動すると現場欄の下にアンダーラインが表示され、その現場欄に対し操作ができることを表しています(図 10)。
1. つぎに、そこをを左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 10a)。
1. そして、『ここに「新規現場」を登録する』をクリックすると、『「新現場名」を新規登録する』が開かれます(図 10b)。
1. そして、必要な項目を入力し、「登録前に確認する」をクリックし必要な項目を確認します(図 10c)。
1. そして、確認後、『「新現場」を追加する』をクリックすると新しい現場名が登録されます(図 10e)。

< 効果 >

1. 任意の空欄の現場欄に新しい現場名を登録することが簡単にできます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● ここに「新規現場」を登録する
  ● ここに「非表示の現場」を表示する

TOPへ


図 11


図 11a


図 11b


図 11c


図 11d


任意の空欄の現場欄に非表示中の現場名を表示する

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、任意の空欄の現場欄に新しい現場名を登録したり、現在非表示の現場をその空欄の現場欄に表示する、ことが簡単にできるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを任意の空欄の現場欄の上に移動すると現場欄の下にアンダーラインが表示され、その現場欄に対し操作ができることを表しています(図 11)。
1. つぎに、そこをを左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 11a)。
1. そして、『ここに「非表示の現場」を表示する』をクリックすると、『ここに「非表示の現場」を表示する』が開かれ、現場リストが表示されます(図 11b)。
1. その表示画面でマウスホイールを回すと、そのリストの中の非表示の現場がその下部に表示されます(図 11b)。
1. そして、表示したい非表示中の現場名を確認後、『現場を表示』をクリックすると「データ処理中です」と表示されます(図 11c)。
1. 処理後、表示したいその現場名が表示されます(図 11d)。

< 効果 >

1. 任意の空欄の現場欄に非表示中の現場名を表示することが簡単にできます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● ここに「新規現場」を登録する
  ● ここに「非表示の現場」を表示する

TOPへ


図 12


図 12a


図 12b


図 12c


図 12d


図 12e


任意の空欄の警備員欄から新しい警備員名を登録する

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、任意の空欄の警備員欄に新しい警備員名を登録したり、現在非表示の警備員をその空欄の警備員欄に表示する、ことが簡単にできるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを任意の空欄の警備員欄の上に移動すると警備員欄の下にアンダーラインが表示され、その警備員欄に対し操作ができることを表しています(図 12)。
1. つぎに、そこをを左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 12a)。
1. そして、『ここに「新規警備員」を登録する』をクリックすると、『「新警備員名」を新規登録する』が開かれます(図 12b)。
1. そして、必要な項目を入力し、「登録前に確認する」をクリックし必要な項目を確認します(図 12c)。
1. そして、確認後、『「新警備員」を追加する』をクリックすると新しい警備員名がその空欄の警備員欄に登録されます(図 12e)。

< 効果 >

1. 任意の空欄の警備員欄に新しい警備員名を登録することが簡単にできます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● ここに「新規警備員」を登録する
  ● ここに「非表示の警備員」を表示する

TOPへ


図 13


図 13a


図 13b


図 13c


図 13d


任意の空欄の警備員欄に非表示中の警備員名を表示する

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、任意の空欄の警備員欄に新しい警備員名を登録したり、現在非表示の警備員をその空欄の警備員欄に表示する、ことが簡単にできるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを任意の空欄の警備員欄の上に移動すると警備員欄の下にアンダーラインが表示され、その警備員欄に対し操作ができることを表しています(図 13)。
1. つぎに、そこをを左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 13a)。
1. そして、『ここに「非表示の警備員」を表示する』をクリックすると、『ここに「非表示の警備員」を表示する』が開かれ、警備員リストが表示されます(図 13b)。
1. 表示画面でマウスホイールを回すと、そのリストの中の非表示の警備員がその下部に表示されます(図 13b)。
1. そして、表示したい非表示中の現場名を確認後、『警備員を表示』をクリックするとその警備員名が表示されます(図 13c)。

< 効果 >

1. 任意の空欄の警備員欄に非表示中の警備員名を表示することが簡単にできます。

< ポップアップメニューの項目 >

  ● ここに「新規警備員」を登録する
  ● ここに「非表示の警備員」を表示する

TOPへ


図 14


図 14 a


図 14 b


図 14 c


図 14 d


表示中の現場名を非表示にする

< 目的 >

1. 表示中の現場名を非表示にすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを現場名の上に移動すると現場名の下にアンダーラインが表示され、その現場に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 14)。
1. つぎに、その現場名の左1/3の部分を左クリックすると、ポップアップメニューが開かれます(図 14a)。
1. そのポップアップメニューの中の『この現場名(個別現場名)を「非表示」にする』をクリックするき、『現場名を非表示にする』のページが開かれます(図 14b)。
1. そして、『表示から「非表示」にする』をクリックすると、『データ処理中です』を表示(図 14c)した後、その現場名が非表示になります(図 14d)。

< 効果 >

1. 終了した現場を表示画面から表示しないようにしたいとき現場を非表示にし、表示画面をコンパクトにすっきりさせる効果があります。

TOPへ


図 15


図 15a


図 15b


図 15c


図 15d


表示中の警備員名を非表示にする

< 目的 >

1. 表示中の警備員名を非表示にすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 14)。
1. つぎに、その警備員名の左1/3の部分を左クリックすると、ポップアップメニューが開かれます(図 14a)。
1. そのポップアップメニューの中の『この警備員名(個別警備員名)を「非表示」にする』をクリックするき、『警備員名を非表示にする』のページが開かれます(図 14b)。
1. そして、『表示から「非表示」にする』をクリックすると、『データ処理中です』を表示(図 14c)した後、その警備員名が非表示になります(図 14d)。

< 効果 >

1. 終了した現場を表示画面から表示しないようにしたいとき現場を非表示にし、表示画面をコンパクトにすっきりさせる効果があります。

TOPへ


図 16


図 16a


図 16b


図 16c


図 16d


表示中の警備員名の、連絡済あるいは未連絡済、の切替をする

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その警備員に関する情報を詳しく知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。
1. また、その位置から、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができるようにすることです。
1. さらに、その位置から、その警備員の、連絡済かどうかの切替可能、報告済かどうかの切替可能、を可能にすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 7)。
1. つぎに、その警備員名の左1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 7a)。

< 効果 >

1. 「警備員名」が任意の位置にあっても、その場でその警備員名でポップアップメニューを開き下に示すような項目を参照できます。
1. さらに、下に示すような、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができます。
1. また、『連絡済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7b)のページが表示され、その警備員の連絡済、非連絡済、の切り替えが容易にできます。
1. また、『報告済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7c)のページが表示され、その警備員の報告済、非報告済、の切り替えが容易にできます。

TOPへ


図 17


図 17a


図 17b


図 17c


図 17d


表示中の警備員名の、報告済あるいは未報告済、の切替をする

< 目的 >

1. 「派遣表」を使用し派遣作業しているとき、その警備員に関する情報を詳しく知りたいとき、簡単に知ることができるようにすることです。
1. また、その位置から、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができるようにすることです。
1. さらに、その位置から、その警備員の、連絡済かどうかの切替可能、報告済かどうかの切替可能、を可能にすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを警備員名の上に移動すると警備員名の下にアンダーラインが表示され、その警備員に対しいろいろな操作ができることを表しています(図 7)。
1. つぎに、その警備員名の左1/3の部分を左クリックしたとき、ポップアップメニューが開かれます(図 7a)。

< 効果 >

1. 「警備員名」が任意の位置にあっても、その場でその警備員名でポップアップメニューを開き下に示すような項目を参照できます。
1. さらに、下に示すような、その警備員の「警備員情報」の各ページを開くことができます。
1. また、『連絡済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7b)のページが表示され、その警備員の連絡済、非連絡済、の切り替えが容易にできます。
1. また、『報告済かどうか? を表示 (ここをクリックすると切替可能)』をクリックすると(図 7c)のページが表示され、その警備員の報告済、非報告済、の切り替えが容易にできます。

< ポップアップメニューの項目 >


TOPへ


図 18


図 18 a


参照モードから配置モードへの切り替え

< 目的 >

図 1に示すように、参照モードの「派遣表」から、配置モードの「派遣表」へ表示モードを切り替えることができるようにすることです。

< 操作手順 >

1. マウスを「参照モード」文字の上に移動するとカーソルの形状が変わり、表示モードを切り替えることができることを表しています(図 11)。
1. つぎに、その位置でマウスの左ボタンをクリックすると、参照モードの「派遣表」に切り替ります(図 11a)。

< 効果 >

1. 参照モードの「派遣表」から、配置モードの「派遣表」へ表示モードを切り替えが、容易にできます。

TOPへ


図 19


図 19a


「工事現場数」「全派遣要請人数」「全派遣人数」「全連絡済人数」「全報告済人数」「全稼動警備員数」「出入り禁止人数」「全派遣警備員数」「待機要員数」の表示

< 目的 >

1. 参照モードのとき、「工事現場数」「全派遣要請人数」「全派遣人数」「全連絡済人数」「全報告済人数」「出入り禁止人数」「全稼動警備員数」「全派遣警備員数」「待機要員数」の表示します。

< 確認 >

1. たとえば、工事現場数 = 14、全派遣要請人数 = 27、全派遣人数 = 27、全連絡済人数 = 34、全報告済人数 = 27、出入り禁止人数 = 2、全稼動警備員数 = 37、全派遣警備員数 = 27、待機要員数 = 10、等と表示されます。

< 効果 >

1. 「派遣表」の簡単な統計を表示し、全体的に「派遣表」を把握することができます。

TOPへ



現場名の色分け表示

< 目的 >

「派遣表」で現場名を色分け表示することによって注意を促すことができるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



警備員名の色分け表示

< 目的 >

「派遣表」で警備員名を色分け表示することによって注意を促すことができるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



警備員名の現場名の無い現場・警備員枠への配置の取り扱い

< 目的 >

警備員名の現場名の無い現場・警備員枠への配置は待機要員と同様に取り扱えるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



画面のスクロール

< 目的 >

派遣表の表示画面の「現場・警備員」段枠をスクロールできるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



スクロールしない「待機要員」段枠

< 目的 >

派遣表の表示画面の「現場・警備員」段枠をスクロールするとき、「待機要員」段枠のみはスクロールしないようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



タイトル名の変更

< 目的 >

派遣表のタイトル名の変更きるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



「派遣表」の使用事務所の表示

< 目的 >


< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



日付け、曜日と勤務の表示

< 目的 >


< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



時計を表示

< 目的 >

「派遣表」で時計を表示できるようにすることが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「派遣表」

< 目的 >

1. 『 「派遣表」メニュー 』 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「 各現場情報 」

< 目的 >


< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「各警備員情報」

< 目的 >


< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「各元請会社情報」

< 目的 >


< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全現場の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全現場の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全警備員の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全警備員の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全元請会社の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全元請会社の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全現場の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全現場の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全警備員の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全警備員の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「全元請会社の統計・分析」

< 目的 >

1. 「 全元請会社の統計・分析 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「派遣表情報」

< 目的 >

1. 「 派遣表情報 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「「 警備員・現場派遣 支援ソフト 」について」

< 目的 >

1. 「 「 警備員・現場派遣 支援ソフト 」について 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ



メニュー 「TOPページへ」

< 目的 >

1. 「 TOPページへ 」 の機能群のページを開くことが目的です。

< 方法 >

1. [ 「警備員・現場 派遣表」の配置モード ] と同じです。

TOPへ