取説トップ
[ 派遣表情報 ]

『 警備員・現場派遣表 』 の [ 各現場情報 ] のページ群で、各現場の情報を表示・編集・蓄積します。

(ご注意) 「 Staffpost_50_xx 」 のページ群、全てについて解説しています。「 Staffpost_50_xx 」 それぞれのタイプで許可されている機能は制限されています。それぞれのタイプで許可されている機能のみを参照してください。

 [ 派遣表情報 ] について

図 a


図 b


< 目的 >

1. 「警備員・現場派遣表」で使用されている、いろいろな派遣表情報について簡単に説明しています。

< 操作手順 >

1. 「派遣表」のメニューから『 派遣表情報 』を選択しマウスの左クリックするとメニューが表示されるのでその項目を左クリックするとこのページ群が表示されます。そして、必要なページを選択しクリックすればそのページが表示されます。
1. ただし、図 a の画面からは移行できません。

< 各ページのタイトル >

  ■ 警備員所管支店「本社・支店・出張所・事務所」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 現場所管支店「本社・支店・出張所・事務所」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 元請会社所管支店「本社・支店・出張所・事務所」「コード」、等を登録・変更する
  ■ この派遣表を運用する事務所を表示・変更する
  ■ 現場の状況「準備中、工事中、休工中、終了現場」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 警備員の状況「現役、休職、退社」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 管理者メモ帳の「今日のメモ」を表示・編集する
  ■ 管理者メモ帳の「今日のメモ」履歴を表示する
  ■ 「タイトル」の名称を変更する

  ■ 「警備報告書・伝票」入力システム開始「パスワード」の設定と変更
  ■ 現場および警備員の単価リストを表示・編集する
  ■ 各現場の受注単価、等を表示・編集する
  ■ 各警備員への支払い単価を表示・編集する
  ■ 警備員の「業務内容」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 警備員の「資格内容」「コード」、等を登録・変更する
  ■ 〆日の初期設定を変更する


図 1


警備員所管支店{本社・支店・出張所・事務所」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 1に示すように、その日現在登録されて警備員所管支店を表示し、今までに、登録された警備員所管支店を知ることができます。
1. また、新規の警備員所管支店の登録や、変更、削除、をすることができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「警備員所管支店」と「警備員所管支店の詳細」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1. [ 警備員情報 ] の 『「この警備員の「所管支店名、警備員コード、警備員整理コード」』での警備員所管支店のチェックボックスの項目、等に反映されます。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 2


現場所管支店{本社・支店・出張所・事務所」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 2に示すように、その日現在登録されて現場所管支店を表示し、今までに、登録された現場所管支店を知ることができます。
1. また、新規の現場所管支店の登録や、変更、削除、をすることができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「現場所管支店」と「現場所管支店の詳細」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1. [ 現場情報 ] の 『「この現場の「所管支店名、現場コード、現場整理コード」』での現場所管支店のチェックボックスの項目、等に反映されます。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 3


元請会社所管支店「本社・支店・出張所・事務所」「コード」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 3に示すように、その日現在登録されて元請会社所管支店を表示し、今までに、登録された元請会社所管支店を知ることができます。
1. また、新規の元請会社所管支店の登録や、変更、削除、をすることができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「元請会社所管支店」と「元請会社所管支店の詳細」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1. [ 元請会社情報 ] の 『「この元請会社場の「所管支店名、現場コード、現場整理コード」』での元請会社所管支店のチェックボックスの項目、等に反映されます。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 4


この派遣表を運用する事務所を表示・変更する

< 目的 >

1. 図 3に示すように、「派遣表」の右上に表示する事務所を設定します。

< 操作手順 >

1. 現場所管支店のチェックボックスの項目を選択した後、「変更する」ボタンを押すと設定されます。

< 関連ヶ所 >

1. 「派遣表」の右上に表示する事務所に反映されます。

TOPへ


図 5


現場の状況「準備中、工事中、休工中、終了現場」「コード」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 5に示すように、その日現在登録されて「現場の状況」、「コード」、「コメント」を表示し、今までに、登録された現場の状況を知ることができます。
1. また、新規の「現場の状況」、「コード」、「コメント」の登録や、変更、削除、をすることができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「現場の状況」と「コード」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 効果 >

1. 各ページの「現場の状況」のチェックボックスの項目、等に反映されます。
1. また、「現場の状況」の条件で表示、出力するとき反映されます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 6


警備員の状況「現役、休職、退社」「コード」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 6に示すように、その日現在登録されて「警備員の状況」、「コード」、「コメント」を表示し、今までに、登録された現場の状況を知ることができます。
1. また、新規の「警備員の状況」、「コード」、「コメント」の登録や、変更、削除、をすることができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「現場の状況」と「コード」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1. 各ページの「警備員の状況」のチェックボックスの項目、等に反映されます。

< 効果 >

1. 各ページの「警備員の状況」のチェックボックスの項目、等に反映されます。
1. また、「警備員の状況」の条件で表示、出力するとき反映されます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 7


管理者メモ帳の「今日のメモ」を表示・編集する

< 目的 >

1. 図 7に示すように、この管理者の過去全ての「今日のメモ1」「今日のメモ2」「今日のメモ3」の履歴をを表示します。

< 操作手順 >

1. この『管理者メモ帳の「今日のメモ」を表示・編集する』のページを開くと表示されます。
1. 複数のページにわたって表示されるとき、表示画面にマウスを移動し、マウスの中央のホイールを回すとページを増減表示させることができます。

< 関連ヶ所 >

1. [ 「派遣表情報」の内容についての説明 ] の『 管理者メモ帳の「今日のメモ」履歴を表示する 』 でその履歴を表示します。

< 効果 >

1. その管理者で発生したこと、伝達事項、備忘録、注意点、等を過去にさかのぼって知ることができます。
1. 人材を派遣する責任者、担当者、等が新しくなったときや、その管理者の出来事ことをあらためて記憶を鮮明にしておきたいとき、その管理者に出向く責任者、担当者、や派遣される警備員にその管理者の状況を予備知識として伝えておきたいとき、等に役立ちます。

TOPへ


図 8


管理者メモ帳の「今日のメモ」履歴を表示する

< 目的 >

1. 図 8に示すように、この管理者メモ帳の過去全ての「今日のメモ1」「今日のメモ2」「今日のメモ3」の履歴をを表示します。

< 操作手順 >

1. この『この管理者メモ帳の「今日のメモ」履歴を表示する』のページを開くと表示されます。
1. 複数のページにわたって表示されるとき、表示画面にマウスを移動し、マウスの中央のホイールを回すとページを増減表示させることができます。

< 関連ヶ所 >

1. 『この管理者メモ帳の「今日のメモ」を表示・編集する』で編集した「今日のメモ」を、指定日付以前の全ての派遣表をチェックしてその履歴を表示します。

< 効果 >

1. その管理者メモ帳で発生したこと、伝達事項、備忘録、注意点、等を過去にさかのぼって知ることができます。
1. 人材を派遣する責任者、担当者、等が新しくなったときや、その管理者メモ帳の出来事ことをあらためて記憶を鮮明にしておきたいとき、その管理者メモ帳に出向く責任者、担当者、や派遣される警備員にその管理者メモ帳の状況を予備知識として伝えておきたいとき、等に役立ちます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 9


「タイトル」の名称を変更する

< 目的 >

1. 図 9に示すように、その日現在登録されて「タイトル」を表示し、今までに、登録されている「タイトル」の項目を知ることができます。
1. また、「タイトル」として新規の項目を登録したり、すでに登録されている項目を変更あるいは削除、することができます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号とタイトルを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「タイトル」と「実際に表示されるタイトル」「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1. [ 派遣表 ] の タイトルに反映されます。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

TOPへ


図 10


「警備報告書・伝票」入力システム開始「パスワード」の設定と変更

< 目的 >

1. 図 10に示すように、「警備報告書・伝票」入力システム開始「パスワード」の設定と変更します。
1. また、「警備報告書・伝票」入力システム使用開始時間 履歴 を記録することができます。

< 操作手順 >

1. 「警備報告書・伝票」入力システムを開始しようとすると、開始のための「パスワード」入力が必要です。
1. その「パスワード」を設定するためのものです。それぞれのテキストボックスに「パスワード」と「コメント」を入力し、「変更する」ボタンを押します。この変更した「パスワード」はメモなりに記録しておいてください。
1. 初期設定は「1234」に設定されています。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムの開始ダイアログ入力時に使用します。

< 効果 >

1. 「パスワード」を知らない人は『「警備報告書・伝票」入力システム』を開くことは出来ません。
1. また、最後に変更した「パスワード」のみが有効になりますので、定期的にパスワードを変更して第三者に、『「警備報告書・伝票」入力システム』を開かせなくすることが出来ます。
1. さらに、『「警備報告書・伝票」入力システム使用開始時間 履歴』 を記録しているので何時から何時まで、『「警備報告書・伝票」入力システム』が開かれていたか知ることができるので秘密保持にある程度効果があります。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 11


現場および警備員の単価リストを表示・編集する

< 目的 >

1. 図 11に示すように、現場および警備員の単価リストを表示・編集します。
1. 「現場に関する各種受注単価リスト」として、元請会社に請求する、日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率を設定できます。
1. また、「警備員に関する各種支払単価リスト」として、警備員に支払う、日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率を設定できます。

< 操作手順 >

1. チョイスに初期的に入力設定されているデータがあります。
1. 追加するときは、「 TxtBox 」に数字を入力した後、「追加する」を押してください。
1. 削除するときは、「 Choice 」の数字を選択した後、「削除する」を押してください。

< 関連ヶ所 >

1.「各現場の受注単価、等を表示・編集する」や「各警備員への支払い単価を表示・編集する」のページ参照するときの基礎データとして使用します。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

TOPへ


図 12


各現場の受注単価、等を表示・編集する

< 目的 >

1. 図 13に示すように、各現場(元請会社)に請求するの単価リスト(日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率)を表示・編集します。
1. 「現場に関する各種受注単価リスト」として、元請会社に請求する、日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率を設定できます。
1. このとき、「現場および警備員の単価リストを表示・編集する」でチョイスに設定した値を設定時に利用できます。

< 操作手順 >

1. 「初期設定」ボタンを押すと、全現場のデータを一度で初期設定出来ます。
1. また、追加するときは、「 TxtBox 」に数字を入力した後、「設定する」ボタンを押すと設定されます。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムで「画面表示日の全派遣警備員の労賃等を計算する」ボタンを押したとき、各現場の元請会社に請求する基礎データとして参照します。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 13


各警備員への支払い単価を表示・編集する

< 目的 >

1. 図 13に示すように、各警備員に支払うときの単価リスト(日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率)を表示・編集します。
1. 「警備員に関する各種支払単価リスト」として、警備員に支払う、日当単価、残業代単価、夜勤日当単価、夜勤残業代単価、掛け率を設定できます。
1. このとき、「現場および警備員の単価リストを表示・編集する」でチョイスに設定した値を設定時に利用できます。

< 操作手順 >

1. 「初期設定」ボタンを押すと、全警備員のデータを一度で初期設定出来ます。
1. また、追加するときは、「 TxtBox 」に数字を入力した後、「追加する」を押してください。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムで「画面表示日の全派遣警備員の労賃等を計算する」ボタンを押したとき、各警備員に支払う基礎データとして参照します。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 14


警備員の「業務内容」「コード」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 14に示すように、警備員の「業務内容」「コード」、等を登録・変更出来ます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号と業務内容、コードを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「業務内容」「コード」、「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムで警備員の「業務内容」の設定時に参照します。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 15


警備員の「資格内容」「コード」、等を登録・変更する

< 目的 >

1. 図 14に示すように、警備員の「資格内容」「コード」、等を登録・変更出来ます。

< 操作手順 >

1. 下部の番号と資格内容、コードを表示している付近にマウスを移動し、マウスホイールを回転すると、その番号の「資格内容」「コード」、「コメント」がそれぞれテキストボックスにセットします。
1. それぞれのテキストボックスに内容を入力したのち、「この項目を変更」、「この項目の前に追加」、「この項目の次に追加」、「この項目を削除」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムで警備員の「資格内容」の設定時に参照します。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。

< 出力手段 >

1. HTML形式でデータ出力 ( 改行 )   : 「改行」で出力します。
1. HTML形式でデータ出力 ( 非改行 ) : 「非改行」で出力します。
1. CSV形式でデータ出力         : カンマ区切り形式で出力します。( Excel 、WordPad 、メモ帳、等で使用可能です。 )

TOPへ


図 16


〆日の初期設定を変更する

< 目的 >

1. 図 14に示すように、〆日の初期設定をすることが出来ます。

< 操作手順 >

1. それぞれのテキストボックスに〆日を選択たのち、「確認する」、「変更する」、等のボタンを押すと設定あるいは修正され上部の表示部に表示されます。

< 関連ヶ所 >

1.「警備報告書・伝票」入力システムで各ページを表示したときに、この「〆日」が初期的に選択されています。

< 効果 >

1. あらかじめ、登録しておけばそのたびに入力する手間が省けます。
TOPへ