取説トップ
[ 相乗り通勤費削減情報システム ]

 ( ご注意 )
 1.「派遣表」 を 警備員・現場派遣表,作業員・現場派遣表,管理人・ビル派遣表,従業員・職場管理表、など任意の名称に変更できます。
 1.「派遣員」 を 警備員、作業員、スタッフ、管理人、従業員、など任意の名称に変更できます。
 1.「派遣先」 を 現場、作業所、職場、ビル_マンション、など任意の名称に変更できます。
 1.「発注元」 を 元請会社、発注会社、ユーザー、オ−ナー、など任意の名称に変更できます。
 1.変更手順  [ 派遣表情報 ] の 「 派遣表の「タイトル名」「派遣先名、派遣員名、ユーザー名」の各名称の変更及び、表示パソコンへの対応、
   表示位置の設定をする 」から変更できます。

 1.この取扱説明書は「警備員・現場派遣表」「警備員」「現場」「元請会社」 の組み合わせで説明しています。
(ご注意) 「 Staffpost_50 」 のページ群、全てについて解説しています。「 Staffpost_50_xx 」 それぞれのタイプで許可されている機能は制限されています。
それぞれのタイプで許可されている機能のみを参照してください。

 [ 相乗り通勤費削減情報システム ] について


図 a

< 目的 >

1. 警備員が現場に通勤する時、自家用車、等で通勤するとき、歩行通勤者と相乗りすることがあります。
1. この相乗りの情報を記録し次回の相乗りのため、過去の情報を利用できるようにすることにあります。

< 操作手順 >

1. 表示選択ボタン、表示選択チョイス、表示選択チェック、表示選択テキストBOX、等を操作します。


< 各機能 >

< 表示選択ボタン機能 >

  ■ 「現場を選択」
  ■ 「警備員を選択」
  ■ データを表示する
  ■ 表示年度を選択
  ■ 相乗増額方法により変更する
  ■ 新規相乗者を追加
  ■ この人を削除
  ■ 変更する(各相乗りのデータ)
  ■ 乗降ポイント場所を変更
  ■ この乗降ポイントを全て削除
  ■ 修正する(単独通勤の通勤費)

  ■ 全国分割ブロック・交通機関の指定
  ■ 表示順序・運転者の相乗増額方法の指定
  ■ 相乗ルート、増減額を登録する
  ■ HTML 形式でデータ出力
  ■ CSV 形式でデータ出力

< 表示選択チョイス機能 >

  ■ 「表示年月日」の選択
  ■ 「旅客運送業者名」の選択
  ■ 「路線名」の選択
  ■ 「停留所・駅名」の選択
  ■ 「警備員」の選択
  ■ 「現場」の選択
  ■ 「全国分割ブロック」の選択
  ■ 「表示順序」の選択
  ■ 「運転者の相乗増額方法」の選択
  ■ 「出力データの範囲」の選択
  ■ 「全員のリスト/相乗り者リスト」の選択
  ■ 「改行/非改行」の選択

< 表示選択チェック機能 >

  ■ 「乗用車乗降ポイント」の切り替え

< 表示選択テキストBOX機能 >

  ■ 通常の通勤費
  ■ 相乗低減額
  ■ 通常の通勤費(運転者) の変更
  ■ 通常の通勤費(単独通勤者) の変更
  ■ 場所1
  ■ 場所2


図 1



「現場を選択」

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「現場」を選択し、表示させる現場を選択表示します。

TOPへ


図 2



「警備員を選択」

< 目的 >

1. 図 に示すように、この「現場」に派遣されている「警備員」を選択し、表示させる警備員を選択表示します。

TOPへ


図 3



データを表示する

< 目的 >

1. 図 に示すように、選択されている日の「相乗り通勤費削減情報」を表示します。

TOPへ


図 4



表示年度を選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「表示年度」を選択します。

TOPへ


図 5



相乗増額方法により変更する

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「現場」を選択し、表示させる現場を選択表示します。

  ・ 手動
  ・ 自動1:定額
  ・ 自動2:運転者通勤費比
  ・ 自動3:相乗者全低減額比
  ・ 自動4:相乗者数 X 定額
  ・ 自動5:定額 + 自動2
  ・ 自動6:定額 + 自動3
  ・ 自動7:定額 + 自動4

TOPへ


図 6



新規相乗者を追加

< 目的 >

1. 図 に示すように、現在運転されている自動車に新たに新規相乗者を乗せるときに使用します。

TOPへ


図 7



この人を削除

< 目的 >

1. 図 に示すように、現在運転されている自動車から削除するときに使用します。

TOPへ


図 8



変更する(各相乗りのデータ)

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている以下の項目を変更します。

  ・ 通常の通勤費
  ・ 低減額
  ・ 場所1
  ・ 場所2

TOPへ


図 9



乗降ポイント場所を変更

< 目的 >

1. 図 に示すように、設定されている乗降ポイント場所を変更します。

TOPへ


図 10



この乗降ポイントを全て削除

< 目的 >

1. 図 に示すように、設定されている乗降ポイント場所を全て削除します。

TOPへ


図 11



修正する(単独通勤の通勤費)

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「通勤費」を修正します。

TOPへ


図 12



全国分割ブロック・交通機関の指定

< 目的 >

1. 図 に示すように、この指定されている「全国分割ブロック・交通機関」を新しく指定します。

TOPへ


図 13



表示順序・運転者の相乗増額方法の指定

< 目的 >

1. 図 に示すように、表示順序・運転者の相乗増額方法の指定します。
  ・ 表示順序 : リスト順、通勤額順、派遣回数順
  ・ 運転者の相乗増額方法 :手動、自動1:定額、自動2:運転者通勤費比、自動3:相乗者全低減額比、
  ・                 :自動4:相乗者数 X 定額、自動5:定額 + 自動2、自動6:定額 + 自動3、自動7:定額 + 自動4

TOPへ


図 14



相乗ルート、増減額を登録する

< 目的 >

1. 図 に示すように、相乗ルート、増減額を登録します。

TOPへ


図 15



HTML 形式でデータ出力

< 目的 >

1. 図 に示すように、表示されているデータを「HTML 形式」で出力します。

TOPへ


図 16



CSV 形式でデータ出力

< 目的 >

1. 図 に示すように、表示されているデータを「CSV 形式」で出力します。

TOPへ


図 17



「表示年月日」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、表示させる「年月日」を選択します。

TOPへ


図 18



「旅客運送業者名」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、乗車ポイントまでの駅までの「JR、東京メトロ、等」の「旅客運送業者名」を選択します。

TOPへ


図 19



「路線名」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、乗車ポイントまでの駅までの「総武線、上越線、等」の「路線名」を選択します。

TOPへ


図 20



「停留所・駅名」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、乗車ポインの駅の「東京、上野、等」の「駅名」を選択します。

TOPへ


図 21



「警備員」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「警備員」を選択し、表示させる警備員を選択表示します。

TOPへ


図 22



「現場」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「現場」を選択し、表示させる現場を選択表示します。

TOPへ


図 23



「全国分割ブロック」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、この派遣されている「全国分割ブロック」を選択し、表示させる「ブロック」を選択します。
  ・ 13道州
  ・ 北海道 :北海道
  ・ 北東北 :青森県、岩手県、秋田県
  ・ 南東北 :宮城県、山形県、福島県
  ・ 北関東 :茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、長野県
  ・ 南関東 :千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
  ・ 北陸  :新潟県、富山県、石川県、福井県
  ・ 東海  :岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
  ・ 近畿  :滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
  ・ 中国  :鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  ・ 四国  :徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  ・ 北九州 :福岡県、佐賀県、長崎県、大分県
  ・ 南九州 :熊本県、宮崎県、鹿児島県
  ・ 沖縄  :沖縄県

TOPへ


図 24



「表示順序」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、以下の「表示順序」を選択し、表示させる警備員を選択表示します。

  ・ リスト順
  ・ 通勤額順
  ・ 派遣回数順

TOPへ


図 25



「運転者の相乗増額方法」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、以下の「現場」を選択し、表示させる現場を選択表示します。

  ・ 手動
  ・ 自動1:定額
  ・ 自動2:運転者通勤費比
  ・ 自動3:相乗者全低減額比
  ・ 自動4:相乗者数 X 定額
  ・ 自動5:定額 + 自動2
  ・ 自動6:定額 + 自動3
  ・ 自動7:定額 + 自動4

TOPへ


図 26



「出力データの範囲」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、以下の「出力データの範囲」を選択し、表示させる「表示データ」を選択表示します。

  ・ 表示現場のデータ
  ・ 全現場のデータ

TOPへ


図 27



「全員のリスト/相乗り者リスト」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、以下の「リスト」を選択し、表示させる「リスト」を選択表示します。

  ・ 全員のリスト
  ・ 相乗り者リスト

TOPへ


図 28



「改行/非改行」の選択

< 目的 >

1. 図 に示すように、以下の「改行/非改行」を選択し、表示させるデータを選択表示します。

  ・ 改行
  ・ 非改行

TOPへ


図 29


ON                          OFF                 

     


「乗用車乗降ポイント」の切り替え

< 目的 >

1. 図 に示すように、「乗用車乗降ポイント」のチェックを選択し、「ON/OFF」の設定をします。

  ・ ON
  ・ OFF

TOPへ


図 30



通常の通勤費

< 目的 >

1. 図 に示すように、「通常の通勤費」を選択し、通勤費を入力します。

TOPへ


図 31



相乗低減額

< 目的 >

1. 図 に示すように、「相乗低減額」を選択し、低減額を入力します。

TOPへ


図 32



通常の通勤費(運転者) の変更

< 目的 >

1. 図 に示すように、運転者の通常の通勤費を選択し、通勤費を入力します。

TOPへ


図 33



通常の通勤費(単独通勤者) の変更

< 目的 >

1. 図 に示すように、単独通勤者の通常の通勤費を選択し、通勤費を入力します。

TOPへ


図 34



場所1

< 目的 >

1. 図 に示すように、「場所1」を選択し、場所を入力します。

TOPへ


図 35



場所2

< 目的 >

1. 図 に示すように、「場所2」を選択し、場所を入力します。

TOPへ